●梅毒

≪原因≫

梅毒は目に見えない小さなトレポネーマ・パリダムという菌によるもので、主に性交渉やキスで感染します。目に見えない小さな傷口から梅毒菌は体の中に侵入してきます。

≪症状≫

感染後3週で性器に初期症状が発症、3ヶ月後にバラ疹、丘疹などの発疹が生じ、向こう3年間、再発疹、晩発疹を繰り返し、多彩な形をとります。梅毒に感染しているのを知らないで妊娠すると、胎児に感染を及ぼしますので注意が必要です。

≪治療法≫

ペニシリン系の内服薬や注射剤での治療を行います。またT期からW期まであり、投薬期間が異なる時があります。ペニシリンアレルギーの時は、他剤を使用します。